<< 2房の | main | キラキラ効果 >>
ザハロワ姫のお洋服が
Saaya. 次回の東急本店一階への出展が内定いたしました!
なんと
9/21-27

トランスシベリア祭という
加納小映子が大好きな ボリショイバレエのプリンシパル ザハロワ姫と夫君のコラボレーションも観られる オーチャードホールでの舞台もある日程です

ご縁を感じて嬉しくなります

後述の 記者会見での
ザハロワ姫のお洋服が Saaya. 〜なイメージで嬉しいです




加納小映子は先日 白鳥の湖を観に行った折 観劇にいらしていた レーピン氏にサインいただき その穏やかでおおらかなオーラに 大ファンになっております

ご興味ある方のために…

下記 情報まで




あさって7/2(日)放送の「題名のない音楽会」に、本公演の芸術監督で世界的なヴァイオリニストのワディム・レーピンが出演します。ぜひご覧ください! ------------------------------------ 7/2(日)9:00〜 『題名のない音楽会』(テレビ朝日) 「レーピンの音楽会」 ※放送日時は変更となる場合がございます。 ------------------------------------ <インタビュー掲載> ・「月刊リベラルライム」7月3日発売号 ・「週刊新潮」7月6日号 ◆記者会見レポート ロシア連邦政府の推進する文化プロモーション「ロシアン・シーズン(ロシアの季節)」と、その一環として開催される本公演の記者会見が、6月某日、東京・麻布台のロシア大使館で開かれました。 冒頭、ゴロジェッツ副首相が「プーチン大統領と安倍首相が日露両国の関係を高い次元に引き上げた」と挨拶。 レーピンが「このような大きなプロジェクトの一環として日本で公演できて光栄です。初来日からちょうど30年目にあたる特別な年に開催できて嬉しい」と語ると、「実は、私も初来日から20年。『アモーレ』は、昨年完成したばかりの新作ですが、一度観ていただければその魅力が伝わることでしょう」と自信を覗かせるザハーロワ。バレエ界の権威、ブノワ賞を受賞したばかりのデニス・ロヂキンは「日本の聴衆は熱狂的で、とても厳しい目を持っている。期待に添えられるような高いレベルの演技をしたい」と意欲的な面持ちで語りました。 会見時のザハーロワの美しいショットはこちらでご覧いただけます! http://krs.bz/bunkamura/c?c=56554&m=163811063&v=0387214c ▼『トランス=シベリア芸術祭 in Japan 2017』の詳細はこちら http://krs.bz/bunkamura/c?c=56555&m=163811063&v=6080f868
| ご連絡 | 00:40 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ksae.saaya-k.com/trackback/1110233
トラックバック

Online Shopping

Boutique Saaya TOP

お店からのお知らせブログ


■Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
■Categories
■Archives
■Selected Entriess
■Recent Comment
■Link

■QRコード

[サアヤのモバイルサイト]
ぜひ、お手元でもサアヤをお楽しみ下さい。