<< わくわくな予感が冴えます | main | 盛り付けの参考まで >>
プレゼンテーションに惚れました




日本人の食文化への美意識は、五感を満たす繊細さで世界で1番!
…と改めて認識するお料理をいただいてきました。

数ヶ月前からのお約束が実現したのですが、素材やお味はもちろん、特にこころひかれたのが、器と料理のプレゼンテーションのセンスの良さ。

写真のいちじくの白和え
この見事な切子とシルバーの取り合わせがなんともアールデコ。素敵です。

晩夏から初秋への季節の移ろいが感じられるお皿にはじまり、最後は鯛の梅肉和えに菊花が配われたお茶漬けで締めくくり…
まさに秋の深まりを予感させるストーリーが感じられます。

Saayaでも栗の木の銘々皿を皆様にお褒めいただく漆作家/村瀬治兵衛さんに注文されたという屋久杉の作品も、トロトロの水羊羹に合わせて登場し、杉の香と相まって絶妙な取り合わせでした。

見事な器たちを揃えることは叶わずとも、品格あり美しくものたちに用の美と云う命を与えておられる…というオーナーの心意気やセンスには、大いに感じ入り刺激をうけました。

心身に贅沢な午餐に、

贅沢は美徳
無駄は悪徳

…なる、ある種の信条?が触発されました。



| my favorite | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ksae.saaya-k.com/trackback/1107805
トラックバック

Online Shopping

Boutique Saaya TOP

お店からのお知らせブログ


■Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
■Categories
■Archives
■Selected Entriess
■Recent Comment
■Link

■QRコード

[サアヤのモバイルサイト]
ぜひ、お手元でもサアヤをお楽しみ下さい。