<< ガネーシャさまのお誕生日 | main | 薔薇の秘薬とか…! >>
或るstyle


ただ今、来月の出張予定を調整中。


パリコレクションのように、同じ時期に様々なイベントが開催されるならば便利なのに…

そこは悠久の時を刻む彼の国故か…?
観たいショーを選んだならば、一週間おきにインドと日本を往復しなければならなくなります。

写真は、個人的にはもっともこころ惹かれているデザイナーの筆頭、カルカッタのサビヤサチのショーフィナーレの様子です。

ストリートPeopleのファッションを、カルカッタならではの伝統工芸を取り入れた意匠で、世情への皮肉や彼独自のイデオロギーと共に作品に表すスーパータレンティブなデザイナーです。

私は一種の天才?と惚れ込んでいますが、クチュールだけに価格も素晴らしく高価。

彼自ら染め、刺繍も微細な部分に至るまで指導、パーツ生地のプリントデザインまで陣頭指揮をとります。
写真でプリントに見えでも全て手刺繍だったりするのです。

数十万円から中には数百万円にもなるコレクション。

ドレスではなく、スーツでもなく…
ボヘミアン、ヒッピー、ストリートのカテゴリーで!です。

よって、等しく中流…がマジョリティでもある我が国では難しくかと流石に私も躊躇してしまうのです。

でも…!
彼の才能への敬意とちよっとでもお客様として貢献していきたいとという気持ちも含めて、体調も回復してきた今年は特に、今年こそ個人買いを?と、密かに計画しています。

彼の作品を観る度に、Loulou de la Falaiseがもし彼の作品を観たら…!
そして彼女が着たら…?
ドキドキすろようにエレガントで素敵だろうと想像してしまいます。

| my favorite | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ksae.saaya-k.com/trackback/1107802
トラックバック

Online Shopping

Boutique Saaya TOP

お店からのお知らせブログ


■Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
■Categories
■Archives
■Selected Entriess
■Recent Comment
■Link

■QRコード

[サアヤのモバイルサイト]
ぜひ、お手元でもサアヤをお楽しみ下さい。