<< シャンパーニュ | main | もしも休暇がとれたなら…遺跡に沈む夕日を観に >>
三番町の彌生画廊さんで


彌生画廊さんで 川崎麻児さんの企画展が催されているそうです

ご覧になられた帰りに Saayaにお立ち寄りくださった 日本画にも造詣の深い シルバーの君!〈シルバーカラーが抜群にお似合いなのです〉が 図録を見せてくださいました

何処かで拝見したような…と !…思い出しました

二年前になりますでせうか
個人所有の現代日本画の作品を 様々にあたらしい試みで展示された 〈遠き道展〉大変感銘を受けました

その際に〈問い〉という黒と金に窓が沢山描かれた作品が 確か 川崎麻児さんの作品だったはず

遠き道展は 私にとって 日本画に 初めて魂を揺すぶられた 展覧会でしたが その際にポストカードを何枚か購入しました
その中の一枚が この〈問い〉だったことを 図録を拝見して 明確に思い出したのです

私には 遠藤周作さんの沈黙…を彷彿とさせる強く印象的な作品に映りました

そして この彌生画廊さんは 京都のお茶屋さんの女将さんからのお勧めで 梅原猛さんの書展 〈母心仏心〉に伺って 

魂が空をとぶ
みやげをもって帰ってくる

…という忘れ難く 私の魂が悦ぶ言霊の作品に出会った画廊です

展覧会で沢山の作品を拝見しても 永く印象に残り その作品を思い描く時 そのかおりのようなものを蘇らせることが出来るものと そうでないものがありますね


魂が悦ぶものは永遠なような…そんな気がいたします


私は あまり知識や蘊蓄がない方が すっと魂に響くものと出会えるようや気が何事にもしていて …

浅はかな予備知識やお勉強で 脳が作品をジャッジするという 残念なチャンネルがはいらないように…
ある種注意深く…
ものすごく無防備で 拝見するようにしています

そうすると とても魂が悦ぶ出会いがあったりして…
そうすると…褒美のようにちょっと良いことが起きたりして
なんて よい連鎖が起きたりするのです

そして この交換?は 密やかな  私と私の魂ちゃんとのたのしみでもあります


お話を戻しますが この川崎麻児さん
私は 図録にあった一枚の絵を どうしても生で拝見したく 来週には伺うつもりです
タイトルを忘れましたが 心惹かれる うしろ姿の作品です

重い作品が多いかと思えば ご案内の葉書は こんなにかわいい象さんでした
図録を拝見したところ 動物ものも多く この作家のパーソナリティに 思いを廻らせてしまいました

ご自身が感銘を受けたことを さり気なく 情報としてお知らせくださる シルバーの君!のお気持ち
本当に有り難いことです

とても素敵な画廊ですし ご予定が許せば 是非皆様もいらしてみてください

三番町は ロケーションも落ち着いて 良いところですしね!
〈個人的には最も住みたいエリアです(笑)〉

詳細は 以下の彌生画廊さんのホームページをご参照ください

http://www.yayoigallery.com/about-yayoi/about.html



| ご連絡 | 02:37 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ksae.saaya-k.com/trackback/1103766
トラックバック

Online Shopping

Boutique Saaya TOP

お店からのお知らせブログ


■Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
■Categories
■Archives
■Selected Entriess
■Recent Comment
■Link

■QRコード

[サアヤのモバイルサイト]
ぜひ、お手元でもサアヤをお楽しみ下さい。