私のキフィ




先日ご紹介した 六千年前にも エジプトの神殿で焚かれ その後 クレオパトラも愛したと云われる 薫香 キフィ

先生のご指導のもと recipeに基づき 乳香や没薬などの樹脂 薔薇の花びらと蕾 シナモン レモングラス 干しぶどうワイン 蜂蜜などの 16種程度の材料を すり鉢とすりこぎで 魔女たちのおままごと(笑)?のように作ります

出来上がったものは 人それぞれ
さらさらの砂のようにきめ細かく作る方があれば 私のように 粗めな仕上がりのひとつも

私が細かいことが苦手で雑だから…という理由ではありませんのよ!

私的には 材料の原型を残して 香りの中にも 様々なニュアンスが感じられたり 焚いている時の中で 立ち昇る香りが変化するようなイメージで作りたかったのです

何日か乾燥させてから適当な大きさにしたものが写真のもの

今では毎日 このキフィを 香炉で焚くのが日課となりました

クレオパトラも愛したと云われる エジプトのせいなる薫香は スパイスのエキゾティックな中香りにほんのり甘さのある エレガントでありながら意思のある 中性的なイメージの香りです

実は 先生の製作したキフィは ちょっと硬質な印象でもあり 一方で 原始的な印象でもある…そんな香りに感じたので あまりキフィはピントこない?と思っていたのに 自分がつくったものは
大好きな香りになりました

これがこの薫香作りのおもしろいところ
同じrecipeでも それぞれのキフィが出来あがります

更に 炭と灰の加減で 香りは変化するのですから 興味深いのです

玄関のドアを開けるとふわりとキフィの香りが漂うのは とてもよい気分

来年は更にこの薫香シリーズを 極めていきたいと思っています

メソポタミアの香りも ペルシアの水の女神の香りも それはそれは素敵なのです

元々 香りにはとても興味があり アロマテラピーなどは多少学んだことがあるのですが 今まで出会った香りのカテゴリーの中で 最も私が探していたアプローチに近い 研究を重ねられている方とお知り合いになれたことは 今年の嬉しいニュースのひとつです

Saayaでも来年からは焚きたいと思っています!




| my favorite | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0)
一目惚れです!





日本橋高島屋さんで開催していた ホリ?ヒロシ人形展 最終日へ伺ってきました

ホリ氏の初期の頃の作品 楊貴妃 を手に入れていらっしゃる方からのご案内です

実はもう二十年以上前に 博品館で上演された 〈桜の森の満開の下〉 の舞台の告知記事を新聞で読み 瑠美子ママともどもにピンときて 観に行ったことがあり…
妖しく美しい人形と白石加代子さんの語りの素晴らしさが 今尚鮮烈な印象として残っていました

人形展へ伺うのは初めてです

数ある麗しい作品たちの中でも 圧倒的に惹きつけられたのが 写真の青龍菩薩さま

水晶の瞳の青龍に乗って降臨されるお姿です

両脇には同じ仏さまシリーズの 風神雷神さまも居られました

ホリ氏は2003年以降 小さな仏さまシリーズというのを発表されているそうで 今日はさざえの貝のなかに居られる小さな仏さまが何体か飾られていました

この青龍菩薩さまは残念乍ら 1m以上の高さでボリュームのあるものですから お迎えするにはかなりのスペースと資金力が必要性とされるものでした

この作品が載っている写真集と来年の干支 うさぎの作品ばかりの葉書集を購入し サインをいただきましたが またこれがとてもチャーミングなサイン!

また後日ご披露したいと思います

その折 畏れ多くも
…青龍菩薩さまのちーいさなものはないのでせうか?…と お伺いしたところ

…青龍菩薩さまはないけれど 小さなさざえに居られる 風神雷神さまは在る…そうです

でも私にとっては 龍であるということが大切なことなものですから(笑)

再度お伺い…
…では来年の末には ちーいさな龍は何か御作りになられますか?

すると
…もちろん…!と嬉しい御答えが

楽しみが増えました

今から青龍預金(笑)でもスタートするのもよいかも?などと考えています

ちょっと嬉しい 青龍菩薩さまとの クリスマスの出会いでした

ご一緒した皆様曰く 私とお人形たちに似ているところがあるらしく そのまま立っていたら?などの畏れ多い笑い話

楽しい時間でした

件のお姉様は もうひとつ 若い楊貴妃のお人形でどうしても手に入れたい作品があるそうです
私もその方がお持ちになるのが とても相応しいように感じ 秘かにご縁が繋がることをお祈りしたいと思っています








| my favorite | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0)
古代エジプトの薫香



古代エジプトで 特に夕方 浄めのために焚かれたという キフィは 神殿にもレシピが遺されているという神秘的なもの

六千年もの時を超え その薫香を体験できるなんて ロマンティック

独自のアプローチで世界の薫香を研究している 渡辺さんのサロンで 一度 ペルシャの女神の香り アナヒータを 体験していましたが この香りはまさに私の魂に響く魅惑の薫香!
オーバーなようですが運命の香りのようなものでした

今日はキフィ作りと その後はお鍋をいただく(笑)という会にお誘いいただき 参加してきました

16種ほどの 樹脂や植物や果物 ワインなどを 古代のレシピに忠実に作っていきます

すり鉢で材料を粒す作業にも 各々個性がでて 出来上がりもそれぞれ
これを一週間ほど乾燥させれば完成です

ちょうど新年に このキフィを焚くことができそう!

キフィは写真のような陶磁器のピルケースで保存するのが一番だそうです
陶器では密閉されないし 空き瓶などてはカビやすいとか

陶磁器のピルケース 昔々いただいた
美しい思い出がある 忘れな草の花言葉がフランス語で記された品を持っているので…

キフィが出来上がったら このピルケースに納めてみようと思っています

お鍋の方は雰囲気一変(笑)
渡辺さんのお友だちや共通の友人たちで 和気あいあい 鍋奉行さん?のおかげさまで美味しくいただきました

そして…只今も 自宅で薫香を楽しんでいる宵です



| my favorite | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0)
お買いもの




何となく慌ただしい師走

本屋さんへ行きそびれてしまい お正月に読む本を買い忘れていたことに気づくのは大晦日…というパターン ご経験ありませんか?

出展中の三越さん新館には とても広々した八重洲ブックセンターが入っているので いつものように目が合った(笑)本を取り上げて 一頁めの数行を斜め読みして…また置いて…という作業を繰り返します

今年もっとも売れたという実用本も手にとってみましたが これが人気になった新しい試みのひとつらしいのですが アニメの絵と 会話調の感じに馴染めず やっぱりやめて…

結果短時間でも 今日は一冊に出会いました
冬の童話…という本です

数行でも文体が心地よく すっと自然に選べました

きっと年末迄に読破してしまうことになりますが(笑) 感想文も後日談記したいと思っています




| my favorite | 17:48 | comments(0) | trackbacks(0)
タッセルをポイントに



タッセルと云うアイテムは 魅力的なものですよね

ヨーロッパなどでは比較的様々なデザインを手に入れやすいのですが 日本で欲しいとなると 種類が少なくて ようやく 洒落たものを見つけたら 余りにもお高くてびっくり!…なんていう残念な経験も…

大好きな ルルの作品にも フリンジが加えられたものが多数あり Mysaayaにリクエストして 海外で入手したフリンジを 作品に取り入れてもらったりしています

ちょっとお気に入りをゲットしました!

レザータイプでボリュームがあるので 重いのですが 私は お気に入りを 重いと云う理由ではキャンセルすることは出来ませんので(笑)

様々なものにプラスして楽しめます!






| my favorite | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0)
プレゼンテーションに惚れました




日本人の食文化への美意識は、五感を満たす繊細さで世界で1番!
…と改めて認識するお料理をいただいてきました。

数ヶ月前からのお約束が実現したのですが、素材やお味はもちろん、特にこころひかれたのが、器と料理のプレゼンテーションのセンスの良さ。

写真のいちじくの白和え
この見事な切子とシルバーの取り合わせがなんともアールデコ。素敵です。

晩夏から初秋への季節の移ろいが感じられるお皿にはじまり、最後は鯛の梅肉和えに菊花が配われたお茶漬けで締めくくり…
まさに秋の深まりを予感させるストーリーが感じられます。

Saayaでも栗の木の銘々皿を皆様にお褒めいただく漆作家/村瀬治兵衛さんに注文されたという屋久杉の作品も、トロトロの水羊羹に合わせて登場し、杉の香と相まって絶妙な取り合わせでした。

見事な器たちを揃えることは叶わずとも、品格あり美しくものたちに用の美と云う命を与えておられる…というオーナーの心意気やセンスには、大いに感じ入り刺激をうけました。

心身に贅沢な午餐に、

贅沢は美徳
無駄は悪徳

…なる、ある種の信条?が触発されました。



| my favorite | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0)
或るstyle


ただ今、来月の出張予定を調整中。


パリコレクションのように、同じ時期に様々なイベントが開催されるならば便利なのに…

そこは悠久の時を刻む彼の国故か…?
観たいショーを選んだならば、一週間おきにインドと日本を往復しなければならなくなります。

写真は、個人的にはもっともこころ惹かれているデザイナーの筆頭、カルカッタのサビヤサチのショーフィナーレの様子です。

ストリートPeopleのファッションを、カルカッタならではの伝統工芸を取り入れた意匠で、世情への皮肉や彼独自のイデオロギーと共に作品に表すスーパータレンティブなデザイナーです。

私は一種の天才?と惚れ込んでいますが、クチュールだけに価格も素晴らしく高価。

彼自ら染め、刺繍も微細な部分に至るまで指導、パーツ生地のプリントデザインまで陣頭指揮をとります。
写真でプリントに見えでも全て手刺繍だったりするのです。

数十万円から中には数百万円にもなるコレクション。

ドレスではなく、スーツでもなく…
ボヘミアン、ヒッピー、ストリートのカテゴリーで!です。

よって、等しく中流…がマジョリティでもある我が国では難しくかと流石に私も躊躇してしまうのです。

でも…!
彼の才能への敬意とちよっとでもお客様として貢献していきたいとという気持ちも含めて、体調も回復してきた今年は特に、今年こそ個人買いを?と、密かに計画しています。

彼の作品を観る度に、Loulou de la Falaiseがもし彼の作品を観たら…!
そして彼女が着たら…?
ドキドキすろようにエレガントで素敵だろうと想像してしまいます。

| my favorite | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0)
T・こんなサッカーT shirt なら欲しい


ワールドカップでは大変盛り上がりをみせた、俄かファンの私たち。

今ようやく決まったという、チャーミングなイタリア人新監督が毎日のようにマスコミで紹介されていますが、中には期待薄・・というコメントも。


期待が大きいときほど裏切られることが多いので、私的には、なんとなくイタリア人らしくない・・ちょっと日本の親しみやすいおじさん。。的ムードの新監督には密やかな期待をしています。

今、インドのファッション誌には、各代表チームをイメージして有名デザイナーたちが製作したワールドカップTを紹介していて、とってもチャーミングなデザインを多々発見。

中でもお気に入りは、ソニア・リキエルがフランスチームをイメージした写真のT。

今回のワールドカップでは、フランスチームは惨憺たる有様だったわけですが、Tは素敵です。

もう一つ、天晴れな作品が、コートジュボワール代表をイメージしたものです。



こんなTなら欲しい!ようなエッジィな作品です。

コートジュボワールのスター選手に、とってもとても魅力的な選手がいたことを思い出しました。
| my favorite | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0)
頭の中が海胆で・・
まずは、お詫びから・・
先日チリの崩落事故のことを、誤ってスペインの・・と記してしまっていたようです・・お恥ずかしい・・!
父に今日指摘され、注意散漫!!と叱責されてしまいました。

実はアップした後に誤字脱字に自ら気づき、密かに訂正していることが多かったりします・・

確かに、ブログを綴っていると夢中になり、一応読み返すものの、なかなか間違いに気づかなかったりするものなのです。

以降気をつけたいと思います。



さて、写真の玄界灘の赤うに!
家庭画報さんの掲載本が届いたので、ぱらぱら眺めていたら、
≪おいしそう・・・!!≫なこの赤うにを発見。

よく見たら・・実は知り合いの、元お相撲部屋の女将さんのご実家発だったのです。以前頂戴したことがありますが、絶品でした。

そんなわけで、今私の脳は赤うにでいっぱいになっています!?
注文しなければ・・!
| my favorite | 19:18 | comments(0) | trackbacks(0)
お気に入りに


前に個人買いをした、Meeraのベルトは長すぎるので、パーツを取り除いて、お揃いのピアスをMysaaya村田さんにお願いしていました。

昨日出来上がってきたのが写真のピアス。
とても素敵で気に入りました。

やはりポイントになるのは、Meeraならではの、凝った彫りの金ビーズ。
このようなパーツは、一歩間違えるとエスニックなチープな印象をつくり易く要注意ですが、やはりMeeraのアンテイーク仕上げのパーツはとても品良く美しいのです。

さり気ないベルトとのお揃いになり、ご機嫌です。

ちょうど、セカンドピアス右耳が安定し、2個になったので、例の大きな特別なダイヤモンド!?を上の穴に、フェイスラインにはストリングタイプを・・と思っていたところだったので早速愛用をスタートしました。

Meeraの打つくしベルトのシリーズは、新作も入荷したので、皆様にもお勧めします!着こなしがぐっと引き締まります。






| my favorite | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0)

Online Shopping

Boutique Saaya TOP

お店からのお知らせブログ


■Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
■Categories
■Archives
■Selected Entriess
■Recent Comment
■Link

■QRコード

[サアヤのモバイルサイト]
ぜひ、お手元でもサアヤをお楽しみ下さい。